外壁は何色がよい?後悔しない色の選び方!

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/03/26

注文住宅を建てる際に外壁の色をどのような基準で選べば良いのかお悩みではないでしょうか?外壁は周りからもよく見える部分であり、何色にするかによってその住宅の印象がガラッと変わるので慎重に選ぶ必要があります。この記事では、「こんなはずじゃなかった」とならないように、後悔しない外壁の色の選び方について解説していきます。

ドア・屋根・サッシの色を考慮する

住宅の外観の色を選ぶとき、つい外壁のことだけを意識してしまいがちですが、ドア・屋根・サッシなど家全体のバランスや相性を考えて色を決めることも大切です。屋根は面積が広く、外壁とともに家全体のイメージを大きく左右する重要な外観なため、デザインや質感なども考慮しつつ外壁と屋根が違和感なく調和する色を選ぶことが肝心です。サッシの色についても面積自体は狭いですが、家のイメージの印象を左右する大切な部分なので、外観に合った配色をいくつか考えておくとよいでしょう。

色の面積効果に注意
注文住宅の配色選びで失敗する大きな理由の1つは面積効果です。面積効果とは、同じ色でも大きな面積と小さな面積で見るのとでは、明るく見えたり、暗く見えたりと、色の見え方が異なってしまう現象のことです。

そのため、カタログに載っている見本色と実際の家に塗装した色では、同じ色のはずでも大きさの違いによって見え方が異なって感じます。全く同じ色であっても面積が大きくなると明るい色はより明るく鮮やかに、暗い色はより暗くくすんだ色に見えます

色の候補が決まったら、実際にその色を施行した建物やモデルハウスがないか業者の方に聞いたりして可能な限り実物を見てみるとよいでしょう。実際の家を見ることができない場合は、少しでも面積の大きなサンプルで確認することで、仕上がった際のイメージのズレを少なくできます。

景観ガイドラインには注意!

外壁の塗装をする際に注意したいのは「景観ガイドライン」です。景観ガイドラインとは各市区町村や自治体ごとによって調和のとれた美しい景観にするために取り決められたもので、地域によっては、街の景観を損なわないために建物の外観を決まりに沿った色以外使用できない場合があります。注文住宅を建てる際は必ず、その市区町村に景観ガイドラインが定められてないか確認しましょう。

近隣を歩いてみよう
景観ガイドラインが定められてない場合でも、外壁に塗りたい色が決まったら、近隣にある住宅街を散歩してみましょう。周りの家の外壁がどんな色合いなのかを把握し、周囲の住宅と合わせた色で同調させるか、あえて違う色を選び目立たせるのか、ご自身で検討してみてください。

近隣住宅と色合いを合わせることで、周囲の景観と調和させることができますが、仮に周囲と違う色にしたい場合は、近くの家と色の明るさ・鮮やかさを合わせることで多少色が違っても悪目立ちする心配はありません。

オシャレで人気な外壁の色は?

外壁の色を自由に選ぶことができるのは注文住宅の魅力の1つですが、どんな色でもいいわけではありません。外壁の色は住宅の雰囲気を大きく左右し、一度塗装したら次の塗り替えまで変更することができません。また、自分の好みだけで色を選んでしまうと、トラブルや失敗に繋がってしまう恐れがあります。ここでは、外壁塗装で特に人気の3色とその理由について紹介していきます。これから外壁塗装を考えている方やどの色にするか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

グレー系
落ち着いて大人びた印象に仕上げたい方に大人気なのがグレー系の色です。白と黒の中間に位置するグレー系は、汚れが目立ちにくく、他の色に馴染みやすいというメリットがあります。また、他の色と組み合わせて使用することで、グレー以外の色を引き立たせることもできます。明るく爽やかなイメージに仕上げたい場合はライトグレー、モダンで高級感・重厚感ある印象に仕上げたい場合はダークグレーがおすすめです。

ベージュ系
現在外壁の色で最も流行しているのが、ベージュ系の色です。ベージュ系は優しい印象を与え、和洋どちらの家のデザインにも馴染み、シンプルで他の色や景観と合わせやすいというメリットがあります。シンプルながらも白や黒と合わせアクセントを付けたり、濃淡を使い分けオシャレに仕上げるなど、汎用性が抜群な点も人気の理由の1つであり、暖かみのある落ち着いた住宅に仕上げたい方におすすめです。

茶色系
茶色系の外壁は平成中期から流行が始まり、濃淡の幅が広く、単色でもツートンでもよく選ばれる色です。茶色系は自然を感じる色で落ち着きがあり、温かみのあるイメージを与えることができます。また、汚れが目立ちにくく周りと調和しやすいので、外壁におすすめの色といえるでしょう。特にキャラメルブラウンなど明るめの茶色系は見飽きることもなく、落ち着いた優しい印象を与えるため人気が高いです。

 

この記事では、失敗しない外壁の色の選び方について解説しました。色選びで大切なことは、自分が選んだ色をどのような雰囲気で仕上げるのか、その色が周囲の景観と調和するかを事前に確認することです。外壁はもっとも注目される家の顔であり、面積が広いからこそ失敗してしまうと余計に目立ってしまいます。色選びの際はじっくり時間をかけて吟味し、色が決まったら業者の方に自分の理想のイメージをしっかりと伝えましょう!

おすすめ関連記事