若者からシニア世代まで幅広い世代で人気!平屋の注文住宅の魅力とは?

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/08/23

戸建て住宅といえば2階建てが大半を占めますが、最近では平屋住宅も人気を集めているようです。耐震性などの面でもメリットがあります一方でデメリットもあるので、平屋住宅を検討する際には、ぜひ知っておきたいところです。今回は、平屋住宅の魅力と知っておきたいデメリットをまとめてみました。

平屋住宅の魅力

2階建ての一般的な戸建て住宅に対して、平屋住宅は家のあらゆる機能が一つのフロアに集約され、居住空間が一つにまとまっているのが特徴です。現代は核家族化が進んでおり、それほど部屋の数を必要としないことが多く、平屋でも問題なく部屋を配置できるようになりました。

2階がないことで、いろいろなメリットや魅力が生まれました。まず、住まい方が楽になることです。2階があると、家事をするにも上の階と下の階を行き来しなければならず、大変です。

一つのフロアに生活空間が集約されていることによる利便性はそれだけではありません。たとえば、お子さんがいる家庭では、常にお子さんがどこにいるかわからないと不安なことも多いと思います。ワンフロアなら見通しがよく、いつでもお子さんの居場所を把握できます。

そして、年を取って歩くことが大変になっても、上の階との行き来がないので、楽に暮らすことができます。こうした住まいやすさが大きな魅力の一つになっています。

平屋住宅の魅力はそれだけではありません。まず、上の階がないので、そもそも建築コストが抑えられます。

そして、構造上も2階建ての住宅よりも優れている点があります。一つは、災害に強いことです。平屋住宅は2階建ての住宅に比べて重心が低いことから地震にも強く、壁の面積が少ないことから台風による暴風の影響も受けにくいといわれています。

それ以外にも、2階がないことで天井を高く設計できるため、広々とした生活空間を作り出せます。そして、窓も大きくできるため、家全体の風通しもよくでき、快適な居住空間を作ることができるのです。

平屋住宅のデメリットになりうる点についても知っておこう!

一方で、平屋住宅にもデメリットはあります。家の中の見通しがよいことで、逆に家族の家の中での行動が筒抜けになってしまい、プライバシーを気にしないといけなくなります。

家族で個人の部屋を分けたとしても、どこにいるのかはなんとなくわかってしまうため、落ち着かないこともあるかもしれません。家族の間の適度な距離感が確保できるかを、よく検討してみることが必要です。

また、前に窓を大きく取れることが魅力と書きましたが、これがデメリットになることもあります。寝室のようなプライベートな空間も1階に配置されることになるため、窓の配置などに気を付けないと、外から丸見えということにもなりかねません。

そして、だからといって部屋を増やしたいとか移したいと思っても、2階を増築、という訳にはいきませんので、住まい方が変わったときの改築の検討の余地は狭くなります。

この他、周りに背の高い建物が増えたとき、日当たりが悪くなる可能性があることもいわれています。平屋住宅を検討する際には、こうしたデメリットも頭に入れておく方がよいでしょう。

平屋住宅を検討する際に注意するべき点

平屋住宅を検討する際には、どのような住まい方をするかを、今一度、きちんと考えておく方が賢明です。デメリットとして書いたように、平屋住宅ならではの魅力がある一方でデメリットもいろいろあり、2階を増築できないなど後からではどうにもできないこともあります。

平屋住宅の特徴をよく知った上で、自分たちの住まい方と合っているかどうかを検討してみましょう。おそらく家族構成やいつまで住むかによっても変わってくると思います。

または、家族の間の距離感も知っておくべきでしょう。既にマンション暮らしやアパート暮らしなどで一つのフロアにまとまって住むことを経験しており、そこに窮屈さを感じているようなら、平屋住宅のデメリットをよく吟味した上で検討した方がよいかもしれません。

将来、ご両親と一緒に住まう可能性があれば、平屋住宅では都合が悪いこともあるかもしれません。今の居住環境のよいところと改善したいところ、そして、将来の自分たちのライフスタイルを想像して、平屋住宅のデメリットが自分たちの暮らしに影響しないかをよく検討してみることが賢明です。

 

今回は、最近注目を集めている平屋住宅の魅力に加え、検討する際に注意した方がよい点をまとめてみました。平屋住宅は魅力が多く憧れる方も多いのではないでしょうか。世代を問わず、暮らしやすい特徴が多いことは魅力的です。

一方で、住まい方によっては合わない場合もあることも確かです。家は一生ものの買い物だけに、デメリットもしっかり理解した上で決定したいものです。今回の記事を参考に、自分のライフスタイルが平屋に合っているかどうか考えてみましょう。

おすすめ関連記事