アーバンハウス

アーバンハウスの画像1

札幌市に支店を置く「アーバンハウス」は、本社をオホーツク地方の北見市に構えている工務店です。アーバンハウスが手がける住まいは、寒暖差の厳しい地元・北見の気候が基準となった造りになっているので、札幌でも夏や冬を、快適に過ごすことができるでしょう。

ここでは、自然災害や気温の変化に強い、アーバンハウスの注文住宅について、詳しく解説させていただきます。ぜひ、ご一読ください。

アーバンハウスは建売住宅も提供しているので、気になった方はそちらも公式サイトからチェックしてみてくださいね。

札幌支店:〒001-0924 札幌市北区新川4条1丁目1-18 竹岡ビル1階

日々の暮らしに「最高の普通」を! アーバンハウスの住まいについて

アーバンハウスの画像2アーバンハウスでは、頑丈で暖かな住まいに暮らすことで、健康的に過ごすことができ、さらに光熱費も抑えて、家族が安心して日常を送ることができる家を提供しています。住まいの「当たり前」を、さらにバージョンアップして、誰も真似できないレベルで実現していることが、このアーバンハウスの大きな特徴でしょう。

アーバンハウスの住宅は、全棟耐震等級3相当が標準となっており、震度6~7の1.5倍の地震に見舞われたとしても、耐えられる設計となっています(3階建ては耐震等級2以上)。

頑丈さが当たり前

近年は歴代最強クラスの地震や台風、大雪といった何かしらの自然災害が頻発するようになったのを、肌で感じられる方も少なくないのではないでしょうか? そんな事態に備えて、アーバンハウスでは、全棟に制震スーパーウォール2✕6パネルを使用しており、未曾有の災害から住人の身の安全を守れる造りで家を建てています。

特にこだわっているのは、「強い家」、そして「耐震」の面で、全棟耐震等級3相当の強度を家づくりの標準に設定しています。これは耐震性において現状、もっとも高いレベルとなっており、消防署や警察署といった、災害時の救護活動の際の拠点でも、必要なクラスであるため、安心して過ごすことができるでしょう。

余震にも備えを

また、本震に耐えることが出来ても、余震で倒壊してしまう住宅は後を絶ちません。その原因は、度重なる地震によって躯体構造に歪みが生じ、揺れに対する強度が失われていることにあります。

アーバンハウスで使用しているスーパーウォールパネルでは制震テープが取り入れられており、建物全体が制振装置になり、建物の揺れは最大で1/2に軽減します。これにより建物全体で揺れを抑え、粘り強い住宅を実現しています。

地震が何度起こっても躯体構造が歪むことなく家の強度の劣化が起きにくいという性能を発揮させています。このようなこだわりによって、家族が安全に暮らせて、住宅の価値も長続きさせるのが、アーバンハウスの住宅の特徴でしょう。

こだわりの気密性

1年の寒暖差が北海道でも非常に大きい北見市で創業したアーバンハウスは、住宅の断熱性能にもこだわりがあります。

北海道の一般的な新築住宅の断熱性能と比べて1.5倍も優れている秘密の1つは、硬質ウレタン140mmを全棟で導入している点にあります。あらゆる断熱素材の中でもハイレベルの素材を活用しており、北海道の厳しい冷気からしっかり守ってくれます。

断熱性能に優れているもう一つの秘密は、隙間の面積を徹底して小さくしているという高気密性です。
気密はC値という数字で表されます。
北海道の一般的な基準のC値は2.0㎠/㎡。アーバンハウスの自社基準のC値は0.2㎠/㎡。

どんなに家を暖めても隙間が大きいと意味がないですよね。この厳しい基準を設定することで、お客様の笑顔に繋がる家づくりのために日々努力しています。

参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=Ffp_Q_5L_oQ&t=5s

長い暮らしの中で発見できる住まいの「価値」

アーバンハウスの画像3アーバンハウスでは、「良いモノを永く」という考えを基本に、永く共に過ごす事で、振り返ると「良かったな」と言っていただけるモノ創りを目指しています。

その実感が想像できるよう、アーバンハウスでは打ち合わせの際に、日照シミュレーションや光熱費シミュレーション、3Dパースを提供しており、暮らし方が具体的にイメージできるでしょう。

アーバンハウスの住まいの特徴

アーバンハウスの建てる住まいの主な特徴として、以下のポイントが挙げられます。

・消防署レベルの耐震性:震度6~7の1.5倍の揺れにも耐えられる
・北見品質の断熱性能:北海道のポピュラーな住宅の1.5倍の断熱性能を誇る
・自社特有の気密性:他社には真似できない厳しい高気密基準
・光熱費をカットできる家:断熱・気密・換気システムの合わせ技

「夏は涼しく、冬は暖かい」そんな住まいに必要なのは、断熱・気密・換気システムです。それらの性能について、アーバンハウスの住まいは、日本でもトップクラスのスペックとなっているので、温度変化も起きにくく、月々の光熱費が抑えやすくなるでしょう。

家族が健康に生活できるを当たり前に

アーバンハウスは創業以来、施主の幸せを考えて家づくりに勤しんできました。その「幸せ」に大きく関わるのは、なんと言っても家族の「健康」でしょう。

アーバンハウスの住まいは、部屋ごとの室温差がないため、どこにいても一定の温度となっています。夏は涼しく冬は暖か、そのため、血圧の大きな変動によって生じるヒートショック現象の危険性を、大幅に回避しています。

また第一種換気システムを取り入れているので、24時間計画的に家中の換気を行います。さらに高性能なフィルターで、花粉やPM2.5、カビの胞子などの侵入を抑制するので、アトピーや喘息などが改善された方もいらっしゃいます。

快適空間を支える秘訣

健康で暮らせる住まいとして貢献しているのは、自社で採用している断熱材「硬質ウレタンフォーム」による力が大きいでしょう。これとよく似たものと言えば、カップラーメンの器です。建売住宅でよく採用されている断熱材グラスウールは、ガラス繊維でできています。よく似たものはガラス製のコップです。

お湯を注いだ場合、温度が伝わりやすいのは、どちらでしょう? その断熱材によって、外気の温度の伝わりやすさがイメージできるのではないでしょうか? このことを踏まえると、外気の温度が伝わりやすい分、光熱費がかかるということになります。

また、「硬質ウレタンフォーム」は水に強いため、室内で生じた湿気などに影響されず、劣化しにくいものになります。しかしグラスウールは綿のような繊維状のため、水に弱く湿気や水蒸気に影響され劣化しやすくなります。劣化すると、そこにカビが生じたり、断熱欠損に至る場合もあり、その結果、光熱費が上がる、なかなか温まらない、という家になってしまいます。アーバンハウスがこだわる「硬質ウレタンフォーム」はLIXILより35年間無結露保証がついていますので、35年間断熱材が劣化しない、つまり光熱費が上がらない、家になります。

なぜここまでこだわるのか

アーバンハウスがなぜここまでのこだわりを持っているのかというと、それは注文住宅業界にある悪習を無くしたいという思いがあるからです。注文住宅業界にある悪習とは、一部の業者が行ってしまっている将来を考えない住宅設計です。

注文住宅を建てる上でどうしても避けられないのが、業者と購入者の間にある注文住宅の知識と経験の差です。最初の見積もり金額が高く感じると何とか安くしようと素人は考えますが、良くない業者だと目の前の契約に向けて将来を考えない提案を始めます。

それは例えば断熱材や耐震性能の軽視など様々ですが、それは購入者が将来負担しなければならない冷暖房費や修繕工事のことを考えていないためです。本当に優れた注文住宅業者は購入者の将来のことまで考えた上で、最善の提案をしてくれるのです。

アーバンハウスは未だに業界に残っているそのような悪習を無くせるように、「最高の普通」を提供できるよう絶えまぬ努力を続けているのです。

また第一種換気システムを取り入れているので、24時間計画的に家中の換気を行います。さらに高性能なフィルターで、花粉やPM2.5、カビの胞子などの侵入を抑制するので、アトピーや喘息などが改善された方もいらっしゃいます。

まずは「資料請求」「モデルハウス見学」をしてみよう!

アーバンハウスでは、「幸せの数」を増やすために、高性能な住まいを建て続けてきました。そしてその住まいが、どこにも負けないということも自負しています。

そんな真剣さもあってか、施主の方々にアンケートをお願いすると、快く協力してもらえたというケースが非常に多いようで、そのアンケートに書かれた内容も、クレームが滅多にないという結果につながっています。

アーバンハウスは、自社ホームページに、「問い合わせ・資料請求フォーム」を設置しているので、札幌でマイホーム計画を考えている方は、そちらからカタログを取り寄せてみてはいかがでしょうか? また、白石区にはモデルハウスがあるので、そちらに見学へ行くことも検討してみましょう。

アーバンハウスの口コミ・評判を集めました!

建築しました。

はじめまして。
1年ほど前に建てた者です。
光熱費が安く、夏は涼しく、冬は暖かいという説明を受けて、本当なのか?という半信半疑な部分があり、私は1年掛けてアーバンさんの見学会を見させてもらいました。
建てた感想は、夏はエアコンがいらないくらい涼しく、扇風機だけで充分です。
冬は想像していた以上に暖かいですね。
光熱費については、都市ガスではなくプロパンですが、1月くらいで12,000円くらいで、都市ガスであれば7,000円~8,000円くらいだと思います。電気代が7,000くらい。
断熱がしっかりしているという事もあり、アーバンさんのお家価格は高いかもしれません。
ただ、一生住んでいくのであれば、光熱費が抑えられるお家が良いと思い、アーバンさんに決めました。
他の工務店さんとは違い、国に認められた建物なので、資産価値が下がらないのと、国から100万円以上の補助金が貰えるのが良いです。

引用元:https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/627553/1/

アーバンハウスの家は2×6工法に加え、硬質ウレタン140㎜による断熱により、家中どこでもあたたかいのが特徴です。その断熱性能は北海道の一般的な住宅の1.5倍の性能を誇り、快適かつ省エネな暮らしを実現しています。また、ZEH住宅にも対応しており、各世帯や状況によっても異なりますが補助金制度についても相談にのってくれることがメリットになっているようですね。

匿名ですみません

他社の営業さんが、アーバンハウスさんの性能には敵わないと言っていた
自分の中では、その工務店もなかなかの性能だと思っていたが、それ以上のの性能で、尚且つその性能が標準仕様だということに驚いた
実際に建てられた方の話を聞いてみたい

引用元:https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/627553/2/

本来ならライバルとしてあまり評価を上げたくないはずの同業者からの言葉は、信憑性が高いと言えるのではないでしょうか。口コミでは国内トップクラスの断熱性能が特に高い評価されているアーバンハウスですが、実は耐震性能にも優れています。全棟耐震等級3相当で、消防署や警察署の建物レベルの耐震性・強度を誇るので、万一のときも安心です。